クラスのメンバーは?学年制でも授業が選べる?


1年間同じメンバーか授業ごとに異なるか

中学などでは、進級すると新たなクラスが決定されるところもあります。一度クラスのメンバーが決まると、基本的にはそのメンバーで一緒に勉強などをしていきます。学校の授業の他、体育祭や文化祭もそのメンバーで行います。全日制の高校では、1年間同じメンバーで授業や課外活動などを行います。中学と同じスタイルなので、それほど違和感はないでしょう。単位制は自分で取得する単位が変わります。全く同じ授業を取る人がいると、いつもその人と同じ授業を受けますが、多くの生徒がいる中で全く同じ人はそれほどいないでしょう。授業ごとに周りのメンバーが違う中で勉強をします。ただ、課外活動などは特定のメンバーでクラスが決められていて、その中で活動します。

学年制の高校でも一部で単位制を導入している

高校には学年制と単位制があり、学年制は学校で決められた単位を取得できないと進級や卒業ができません。単位制なら単位を取得すれば卒業が可能です。基本的には進級の概念はありません。その他学年制は学校が時間割を決めてくれ単位制は自分で時間割を決めないといけないなどがあります。ただ、学年制を導入している学校でも部分的に単位制に近い仕組みを導入しています。生徒の進路としては、理系大学進学、文系大学進学、就職等があります。そのためにすべてを学校で決めにくい事情があります。そこで一部に生徒が授業を選択できるようにしておき、授業に合わせてクラスを移動したりがあります。すべて学校側が決めてくれる学年制の高校もあります。

単位制高校とは学年という枠に囚われず在学中に必要単位を取得すれば卒業できる高校です。自身で学習のカリキュラムを組むことができるため、働きながらや夢の実現のために時間を割いても卒業資格取得を目指せます。