これは加入すべき!何かと話題になるイデコのまとめ


そもそもイデコとは一体?

歳をとっていくと豊かな老後を過ごすことができるか心配ですよね。そんな心配を解決することのできるイデコというものを紹介していきます!
イデコ(iDeCo)とは「個人型確定拠出年金」の愛称のことで、確定拠出年金法に基づいて行われている私的年金の制度のことです。もう少し柔らかくすると、老後資金を自分で作るためにお得な税制メリットを受けながら資産を大きくしていくということです。企業型確定拠出年金に加入していない人が対象で、会社員や公務員、パートなどほぼ全ての人が対象となっていますね。ほぼ全ての人が対象なのはとても加入しやすいですね!イデコは銀行、証券会社、保険会社などから加入することができます。
イデコの制度として自分のお金から掛金(下限額は5000円です)を拠出し、自分でそれの運用方法を選び、掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受ける制度になっています。

イデコはどういった税金対策をしているんだろう?

掛け金や運用して得た利益(運用益)に多額の税金がかかってしまうかもと思っている方がいるかもしれませんがそのような心配は必要ないです。イデコは税金面もしっかりと対策しています。
まずは掛け金からです。毎月拠出していく掛け金は「全額所得控除」の対象となっています。つまり、課税対象額が減るので、所得税・住民税を節税することができますね!
次に運用益です。例えば、投資信託や株などで利益が出た場合には、通常の場合、20%の税金が課税されます。ですがイデコの場合だと運用益に課税されることがありません!再投資することも可能です。

イデコについて説明してきましたがいかがだったでしょうか?興味が出た方は是非、イデコについて調べてみてください!

iDeCo(イデコ)は個人型確定拠出年金の愛称で、自ら決めた額を積み立て、予め用意された金融商品で運用していく私的年金です。2017年1月からほぼ全ての国民年金加入者が利用できるようになりました。