必ずしも相続する必要はない


相続税は相続を受けた時に発生する税金ですが、まず相続の権利が発生したからといって必ず相続しないといけない訳ではありません。相続するものは財産だけでなく債務も含まれます。財産だけを受け継いで債務を放棄する事はできないので、財産より債務の方が多ければ相続人にとってメリットはないので放棄するのも一つの方法です。相続する権利のある人が複数いる時でも自分だけ放棄して他の人は相続するという事も可能です。財産放棄をするには裁判所で手続きが必要で、手続きには期限があります。財産放棄の手続きは相続が発生する事を知ってから3カ月以内です。相続するものが現金だけならば分りやすいですが、不動産や証券が遺産としてあって債務も残っているという状態では承認した方が良いのか放棄した方が良いのか迷う事も多いです。相続を承認するべきか放棄するべきか迷った時は税理士などの専門家に相談して検討すると良いです。

相続税の控除の計算方法

相続税の基礎控除は3000万円+相続人数掛ける600万円です。相続する人が仮に3人ならば3000万円足す1800万円で4800万円になります。相続する金額が基礎控除の範囲内で収まっていれば相続税はかかりませんが、基礎控除を超えれば税金が発生します。葬式に使った費用は遺産総額から差し引いて計算されます。葬式費用として計算されるのは火葬や埋葬にかかる費用や葬式の前後に行われる通夜などにかかった費用です。葬式の際にお寺などに支払ったお礼なども葬式費用の一部として総額から差し引く事ができます。葬式費用として差し引けないのは墓石や墓地の買い入れにかかった費用や香典返しにかかった費用です。

相続税の申告は、財産を残して亡くなった方の死去の日の翌日から10か月以内にしなければなりません。申告期限に遅れると、加算税がかかります。